モチーフは大手通販サイト販売だから安心♪

私が探した中では一番丁寧でわかりやすいと思います。編み方だけでなく!一部作品もでています。そして、集中して編んだかと思うと、またしばらく編まなかったり。

こ、これですっ!

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

モチーフイチバン親切なかぎ針編みの教科書 基本の編み方から、モチーフ編み・ビーズ編みまで、豊 [ せばたやすこ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

小学生の頃、一時期編み物にはまったもののそれ以来かぎ針に触れることもなかった私ですが、久々にやってみたいと思いこちらの本を購入しました。親子ともにお役立ちな一冊です。初心者向けの本なので親切丁寧に説明がされていて良いと思います。あと一歩かゆいところまで手が届けばいいのになぁ、と思います。見やすいです。手順が色々乗っていて見直したり、学んだりするのに良いと思います。皆さんのレビューの通り!一つ一つ丁寧に書かれてあるので!とても解りやすいですし!すごく勉強になりますね。そういうことを補足してくれる優しい友人が近くにいればこの本はとってもいいです。。まだまだ初心者ですが!すこしずつ慣れていこうと思います。そんな時に役立つのがこの本!編み方の名前から記号から!どちらからも目当ての編み方が探しやすく!またこれでもかというくらい詳しく写真も載っているので初心者!そしてあまり繁茂に編み物をしない方にもオススメです。編み方の説明は私にとってはわかりやすかったです。中学生時代以来久々の編み物にハマっていろいろ知りたくて超初心者用だと本屋で確認してこちらで購入しました。編み物は大好きで!自己流で編んでいますが!細編みと長編みくらいしか出来ないので!色々な編み方を覚えたいと思って!購入しました。かぎ針編みは全くの初心者なのですが毛糸の種類から編み針の種類とサイズから基本の編み方・編み終わった後の作業までわかりにくい箇所は別色の糸で尚且つ写真付きで載っています。今までは、マフラーや、膝掛けくらいしか編んだ事がないので、これからモチーフ編みをつないで、ソファーカバーとか作りたいなぁと思いました。ある程度基礎ができる人にとっては物足りない本かと思いますが、そこは、「いちばんわかりやすい」ですから・・・。初めてでも!丁寧な説明で簡単にクロッシェコースターがすいすい編めました。また、数は少ないですが作品例もあって、作ってみたくなりました。一つ一つ写真付きの説明でわかり易いです。編み物を始めたい子どもに買った本ですが、経験者の私も読んでみて「そうだったのか!」と初めて知る内容がたくさんありました。初めて出てくる単語の解説がないことがあるので「え?これってどこかで説明あったっけ?」と戻って探すことがありました。説明は的確ですが応用編ともなると全然あめませんでしたシュシュが基本の編み方で編めましたうれしやまた棒針編みを始めたので前々からしてみたかったかぎ針編みもと思って手にとりました。慣れた方にも難しい編み方も多く載っていますので脇に置いて確かめたい時に役に立てると思います。カギ編みは!ほとんどしたことがないのですが!写真と絵の説明がわかりやすく習ったことのない初心者でも理解できます。デザインが好みのものが多いせばたさんの本だったこともあります。肌寒くなってくると、編み物がしたくなります。随分検討してこの本にたどり着きました。とてもわかりやすくてよいと思います。よくあるイラストの解説本だと、「それって実際にはここに編み針を入れるのでいいの??」と良くわからなかったりしますが、こちらは写真なので、「あ、ここをすくうのね」と大変わかりやすいです!一冊持っておいてソンのない本ですよ☆編み物歴が長くても、手元に置いて時々確認するのにはあると安心な1冊です。まさに教科書です。たとえば!作り目の拾い方で!裏目拾い!半目拾い!裏目と半目拾いの3種類あること!それらに合ったかぎ針の号数!そしてどんな用途でそれぞれを選ぶのかなど!実はこれまで見よう見まねで編んできた私は全く知らないことばかりでした。ちょっとした小物やバックなどの編み方も載っていて長く使えそうです。初心者なので、簡単そうなところから手をつけていますが、何かモチーフなどを作りたはい場合は他の見本の本とかがあった方が良さそうです。内容は編み方の基礎が多く、編み図はあまり載っていない印象です。作品例は少ないですが、最近はネットにも色々な作品の編み図が出ていますので、わたしはさほど気になりませんでした。まさに教科書って感じでした、おすすめです。これから編み物を始めるなら、特にお勧めの1冊です。かぎ針編みは市販本を見てわからなければ母に教わりやってきましたが!この本を図書館で借りてみて細かな部分で間違いが多かったことがわかり!手元に置きたいと思い購入しました。写真も多く、わかりやすく、基礎から学ぶにはぴったりだと思います。ただ、全くの初心者の私には、説明にもう一歩の丁寧さ(しつこさ)が必要だと感じました。練習用の作品もあるのでそれを編みながら身につけていけるかと。とても詳しく載っています。あと、最初の鎖編みから立ち目3目、とある場合、何をどう数えて3なのかが図からでは法則を解読できませんでした。写真とイラストがカラー使いでうまく組み合わせて説明に使われていて!子どももひとりで読んで練習できています。そんなことを繰り返していると、「この記号なんだっけ?」とすぐに忘れてしまいます。基本書をお探しの方にはおすすめしたい本です。分かりやすい編み方と記号の見方でとっても参考になりました。多分基本中の基本だからだと思うのですが・・・。